Hatena::Grouppython

laiso

2010-04-07

PyQt4 example demos の実行

| 02:10

cd /usr/share/doc/PyQt4-4.7/examples/demos/qtdemo/
python qtdemo.py
Traceback (most recent call last):
  File "qtdemo.py", line 51, in <module>
    import qtdemo_rc
ImportError: No module named qtdemo_rc

と失敗した。

sudo pyrcc4 -o qtdemo_rc.py qtdemo.qrc
python qtdemo.py

で成功した。

参考

2009-06-10

app-engine-patchを利用したプロジェクトをPyDev(Eclipse)でデバッグ実行する

15:40

環境

Darwin 9.7.0 Darwin Kernel Version 9.7.0: Tue Mar 31 22:52:17 PDT 2009; root:xnu-1228.12.14~1/RELEASE_I386 i386
ls /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/
2.5	2.6	Current

システムバンドルなバージョン。

ls /usr/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/
2.4   2.5   2.6   3.0

オフィシャルのMacPythonバイナリインストールしたバージョン。

/opt/local/lib/python*[TAB]
/opt/local/lib/python2.4/ /opt/local/lib/python2.5/ /opt/local/lib/python2.6/

MacPorts経由でインストールしたバージョン。

なんというバージョン天国。

実行

MacPython2.5.4をPyDevのPythonInterpreterに追加。

プロジェクト作成。

いつのまにか、google plugin for eclipse にPyDev Google App Engine Projectというプロジェクト形式が追加されていたので、それで作成した。

普通に実行構成したら

Running on app-engine-patch 1.1beta1
ERROR:root:Application configuration file not found in /Applications/eclipse3.4/Eclipse.app/Contents/MacOS

になった。Eclipseむずいなー。

手をかえて 実行->外部ツール->構成 の実行にmanage.pyと引数にrunserverを指定した。

...
IOError: Path 'simplejson/_speedups.so'

ほじゃげ。

ログをみるとシステムバンドルのsite-packagesにあるsimplejsonモジュールを読みにいってこけてるみたい。PyDev Google App Engine Projectで作成したから?

あ、環境変数PYTHONPATHに明示しちゃってた。ので優先度をさげた。

User-agent: appcfg_py/1.2.2 Darwin/9.7.0 Python/2.5.1.final.0
...
INFO:root:Running application ningenisu on port 8000: http://localhost:8000

なぜシステムバンドルのほうの2.5.1が使われているのだろう。

ためしにステップ実行しようとしたらブレークポイントが効かないなあ。

Issue 1194 - googleappengine - simplejson import from django.utils fails with 1.1.9 - Google Code
http://code.google.com/p/googleappengine/issues/detail?id=1194

issueきてた。

つづく。