バリケンのPython日記 RSSフィード

2008-07-23

[] タプル(2)  タプル(2) - バリケンのPython日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  タプル(2) - バリケンのPython日記  タプル(2) - バリケンのPython日記 のブックマークコメント

タプルとリストって似ているけど、タプルは「一度生成したら要素の追加・削除ができない」、リストは「要素の追加・削除ができる」という違いがあるよ。

タプルの用途

タプルとは「複数の値をまとめて一つの値としたいとき」に使うよ。たとえば「座標(x, y)」「ユーザー情報(name, address, phone, fax, email)」などの、C言語でいう「構造体」のように使うことができるよ。

C言語の構造体とは違って名前をつける必要がないから、ちょこっと「構造をもったデータ」が欲しいときに便利だよ。

あとタプルとリストとで異なる点は「タプルは(タプルの要素に変更可能な要素が入っていなければ)辞書のキーに使える」ことだよ。「辞書」については、後日勉強するよ。

素数ゼロのタプル、要素数1のタプル

素数ゼロのタプルや要素数1のタプルを作成することもできるみたい。要素数ゼロのタプルは「()」で表すよ。要素数1のタプルは要素の最後にコンマを打つことで表現するよ。

>>> empty = ()
>>> singleton = 'hello',
>>> len(empty)
0
>>> len(singleton)
1
>>> empty
()
>>> singleton
('hello',)
>>> 

タプルの用途が「無名の構造体」ということなら、要素数ゼロのタプルや要素数1のタプルってどういう意味があるんだろうねえ。

トラックバック - http://python.g.hatena.ne.jp/muscovyduck/20080723