Hatena::Grouppython

nelnal@python

2007-11-13

[] コマンドラインオプションの処理をする : getopt 23:37  コマンドラインオプションの処理をする : getopt - nelnal@python を含むブックマーク はてなブックマーク -  コマンドラインオプションの処理をする : getopt - nelnal@python

getopt はコマンドラインオプションのパーザのモジュールである。

参照
http://www.python.jp/doc/2.4/lib/module-getopt.html

記述の方法

o, a = getopt( args, options [, long_options ] )


引数

引数説明
argsコマンドライン引数。通常 sys.arg[ 1: ] を渡す。
optionsコマンドライン(ショート)オプションを示す文字列。
long_options(オプション項目) コマンドラインロングオプションの識別用のリスト。

オプションの書き方
optionsに入れる引数データの処理
"abc"オプション -a, -b, -c を取得する。
"mn:"オプション -m, -n を取得する。オプション -n は引数を取る。

戻り値

2値のタプルが戻ります。

1つ目の要素は 「「「オプションオプション引数」のタプル」のリスト」

2つ目の要素は オプション、及びオプション引数を取り去った後の引数のリスト」


例外

オプションの解析に失敗した場合は GetoptError の例外が発生します。

属性として msg と opt を持ちます。


例外パターン

サンプルコード

getopt_sample.py

#!/usr/bin/env python
# coding : utf-8

import sys, getopt;

try:
    options, args = getopt.getopt( sys.argv[ 1: ], "abc:" );

    opt_dict = dict( options );

    for key in opt_dict.keys():
        if key == "-a":
            print "Hello, world!";
        elif key == "-b":
            print "Good bye!!";
        if key == "-c" :
            print opt_dict[ "-c" ];

    print "< end of program >";
except getopt.GetoptError, ge:
    print ge.msg, ge.opt;

動作テスト

$ python getoptsample.py

$ python getoptsample.py -a

$ python getoptsample.py -ab

$ python getoptsample.py -a -c

$ python getoptsample.py -b -c 11

トラックバック - http://python.g.hatena.ne.jp/nelnal_programing/20071113